建築用JASパインLVL合板の木造ビーム,建築用JASパインLVL合板の木造ビーム,建築用JASパインLVL合板の木造ビーム 、 、 サプライヤー | LINYI LUJU INC,建築用JASパインLVL合板の木造ビーム,建築用JASパインLVL合板の木造ビーム 、 、 を見つけますか?ここのサプライヤーは国際証明書を持っています。大規模な生産能力。効率の高いチーム。カスタマイズされた注文を受け入れます。今すぐ詳細を確認してください!,高品質フルパインLVL,高品質フルパインLVL,高品質フルパインLVL,高品質フルパインLVL,高品質フルパインLVL,JAS認証取得のLVL,JAS認証取得のLVL,ラミネートベニヤ製材,JAS認証取得のLVL,JAS認証取得のLVL,JAS認証取得のLVL

MDO合板、CD合板の謎を解き明かす

MDO合板、CD合板の謎を解き明かす

著者: LINYI LUJU INC
2023-06-13
MDO合板、CD合板の謎を解き明かす
 
はじめに

合板は、その強度、耐久性、幅広い用途で知られる汎用性の高い建築材料です。しかし、合板の世界は複雑で、様々な種類、サイズ、厚みが存在します。今回は、MDO合板、CD合板、標準合板の特徴や用途、建築業界における意義についてご紹介します。
 
MDO合板とは?

MDO合板とは、Medium Density Overlay plywoodの略で、外装用合板の一種で、表面が滑らかで耐久性に優れていることで知られています。片面または両面に樹脂含浸繊維のオーバーレイを施し、耐候性と防湿性を高めているのが特徴です。MDO合板は、耐久性や塗装性に優れているため、サイディングや看板、コンクリート型枠などの屋外用途によく使用されています。
 
18インチ合板

18インチ合板は一般的には存在しませんが、厚さ18ミリ(約3/4インチ)の合板を指している可能性があります。合板の厚さは通常、ミリメートルまたはインチで測定され、3/4インチは様々な建設プロジェクトに使用される一般的な厚さである。この厚さは、強度と安定性から、床下地、下地、家具構造などに好まれることが多いです。
 
CD合板です:

CD合板は、建設用合板とも呼ばれ、幅広い用途に適した汎用性の高い合板の一種です。CDとは「C-D Plugged」の略で、表面にある目に見える欠陥がパッチやプラグで塞がれていることを示します。CD合板は一般的に針葉樹の単板から作られ、屋根のデッキ、壁の下地、床下地などの構造用として使用されます。
 
標準的な合板の厚みとサイズ

標準的な合板の厚さは、用途によって異なります。一般的な厚さは、1/4インチ(6mm)、1/2インチ(12mm)、3/4インチ(19mm)、1インチ(25mm)です。これらの厚さは入手しやすく、建設プロジェクトで広く使用されています。合板のサイズも標準的な寸法で、4フィート×8フィート(1.22メートル×2.44メートル)が最も一般的なサイズです。しかし、合板は、特定のプロジェクトの要件に対応するために、様々なサイズで見つけることができます。
 
18枚合板の4x8:

「18 plywood 4x8」は、厚さ18ミリ(約3/4インチ)、標準サイズ4フィート×8フィートの合板を指すと思われます。このサイズは建築に広く使われており、様々な合板のグレードとタイプで容易に入手できます。家具の構造から建築の仕上げまで、さまざまな用途に便利な選択肢を提供します。
 
合板の層:

合板は、高圧と熱で接着された複数の木材の層または単板で構成されています。これらの層は、合板の強度と寸法安定性をもたらすクロスグレインパターンに配置されています。層の数は、合板のグレードと厚さによって異なります。一般的に、合板はバランスと安定性を保つため、奇数層になっています。
 
標準的な合板のサイズ:

建設プロジェクトの多様なニーズに対応するため、標準的な合板のサイズが一般に販売されています。標準的な4フィート×8フィートのほか、2フィート×4フィート(0.61メートル×1.22メートル)、5フィート×5フィート(1.52メートル×1.52メートル)、3フィート×6フィート(0.91メートル×1.83メートル)などのサイズが一般的です。これらのサイズは様々な用途に対応し、設計や施工の自由度を高めることができます。
 
15/32合板のインチ数:

15/32合板とは、15/32インチ(約11.9mm)の厚みを持つ合板のことです。合板の厚さは、しばしば1インチの端数で表現されます。この厚さは、強度と重量のバランスを必要とする建設プロジェクトで一般的に使用されます。床下地、屋根の下地、壁の羽目板などに使用されます。
 
航空機用合板と合板の実際の厚さ:

航空機用合板は、航空機やその他の高性能な用途のために設計された特殊な合板です。強度、重量、温度や湿気への耐性など、厳しい基準を満たすように設計されています。合板の実際の厚さは、製造公差や含水率などの要因により、記載された公称厚さと若干異なる場合があります。耐荷重を計算し、建設プロジェクトに適切に適合させるためには、合板の実際の厚さを考慮することが不可欠です。
 
おわりに

合板の種類、サイズ、厚さの特徴と用途を理解することは、建設プロジェクトを成功させるために非常に重要です。MDO合板、CD合板、標準合板のサイズは、多様な建設ニーズに対応する汎用性と信頼性を備えています。このような側面を理解することで、特定の用途に合板を選択する際に十分な情報を得た上で決定することができ、強度、耐久性、美観の面で最適な結果を得ることができるのです。